So-net無料ブログ作成
検索選択

秋のベランダレポート [園芸]

ベランダの秋も深まりました。

ブルーベリーの葉っぱが何枚か真っ赤に紅葉しています。
影も秋の雰囲気を感じます。
10月は、ベランダの冬支度をしました。


空が秋独特のあざやかさだなぁ。
左手に見えるオリーブは室内に入れ、この写真ではわかりませんがラティスが壊れかかっているので直します。風船カズラの種はおびただしいほど取れました。欲しい方はご一報ください、というくらい・・・。

オリーブのほかにも、ミモザとパッションフルーツを室内に入れます。
パッションフルーツは今年、成長目覚しく、何mもつるを伸ばしてしまい、バラやブルーベリーにしがみついてしまったのを剥がして行燈仕立てにし直してからしまいます。


この子は最後のアバシーゴーヤです。何だか逆上がりをしているように見えて仕方がありません。
この一週間後くらいに熟してしまったので、種を採ってみました。
右側に見える実は何故かひとつだけ実を結んだトケイソウです。


今年大変お世話になったミニトマト。最終的には400個近く採れました。
この季節になると、枝も古くなった感じになって勢いが途端になくなります。
一番、秋の到来に敏感なのはトマトかもしれません。

洗濯ものを干していたら、足元にいたカナヘビ君。
もう半年のつき合いになってしまった。これからどうする~?

そんなことを考えていたら、青矢印にあったアリの死がいをむしゃっと食べ始めました。
あまりにもびっくりしたので、写真を撮りそびれました。


さて、ついに、近所の団地は解体をはじめました。給水棟はまだしばらくある予定だそうだけど。
工事のあるときは常に震度2くらいで揺れているような気がします。大丈夫なのかな?
右手にいるのは高枝切り鋏のズームチョキです。これで剪定もばりばりこなします。


秋の高い空に嘴を広げているかのようです、これで藤や、桜の木の剪定をします。


あまりにも空気が気持ちいいので、朔ちゃんも日光浴をさせました。
朔ちゃんがいたせいか、カナヘビ君がベランダのへりを伝いはじめたので、外に行ってしまうのではと思いましたがやっぱり戻ってきました。


緑の葉っぱは芋の葉っぱ。こうしてみると雨宿りもできそうな感じ。


何と芋掘りもしました。これは、友人に苗をもらった唐芋です。小粒ながら10個くらい採れました。
芋掘りは幼稚園以来で、すっかり楽しんでしまった。さっそく蒸かして食べました。

夏が終わると少しベランダが寂しくなりますが、この時期のために、チンゲンサイとミニ白菜を植えてありました。

ミニ白菜はうまく結球せず、チンゲンサイはずいぶん何者かに上前をはねられましたが、炒めものにしました。


そして、冬も楽しめるように、春菊とほうれん草と水菜を植えました。
写真は破れバケツを再利用して使った鉢で、春菊が一斉に芽吹いています。
下の部分にはにんにくを仕込んであります。これは半年後の楽しみです。


ひとやすみにカプチーノ。


妙な葉っぱがあると思ったらカマキリでした。こんな来訪者もたまにあります。
カナヘビと戦わないか心配になりましたが、カマキリはベランダの外に降りていってしまいました。
このカマキリが産んだものかはわかりませんが、ラティスに卵が産みつけられていました。


そろそろコスモスの花も終わりです。
冬に楽しめる花を考え中です。
大方、冬支度は終えましたが、ウッドデッキの補修と、それをひっくり返しての掃き掃除がまだ終わっていません。


nice!(34)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

紅葉の西沢渓谷 [紀行]

11月3日。西沢渓谷に行ってきました。

西沢渓谷は、眺めも格別で、一周10kmほど(所要4時間)で、程よい起伏もあり、私のようなへなちょこな体力でも、けっこう頑張れます。


今回は4回目でしたが、こんなにばっちり紅葉していたのは初めてでした。


水が綺麗なのも魅力です。いつ来てもかわらず澄んでいます。


遠く聳える鶏冠山。あれに登るのは大変そうです・・・。


紅葉する山肌を背景に赤いモミジ

さて、5時起きでやって来ましたが、もうすでに駐車場は大混雑、山道も大行列でした。

写真左:清流  写真右:渋滞


西沢渓谷の自然とマイナスイオンは届きましたでしょうか・・・


日の当たっているところはこのようにあざやかなエメラルドブルーです。


「七つ釜五段の滝」
*緑の時期のようすはこちら→ 西沢渓谷:長写真(


それから、西沢渓谷に来るときは必ずおにぎりとお茶を持ってきて、
岩の上でお昼ご飯にします。

そして、足の疲れを癒しに、「笛吹の湯」に寄りました。
市営の立ち寄り温泉で、市外の人は500円です。
この日はあいにく露天風呂がお休みでしたが、温めのお湯で、芯からほぐれるような感じです。