So-net無料ブログ作成
検索選択

つがる通信19 『斜陽館ほか』 [あおもり]

斜陽館にて
IMG_1290.JPG
格子好きです。
思えば、斜陽館に来るのは多分3回目。はじめて来たときは旅館でした。
2回目に来たときは喫茶店でした。今回は記念館になってました。


IMG_1286.JPG
囲炉裏や土間や昔のお風呂の形跡も残されていました。

IMG_1285.JPG
蔵の前のひんやりした空気も好きです。

IMG_1325.jpg
襖や壁紙も見ごたえがありました。

IMG_1316.JPG
この襖絵には相方が歓声をあげていました。太宰のコートを着られるところもあって試着、記念撮影もしました。

名称未設定 2のコピー.jpg
2階の洋室に上がる階段のあたりは、一回目に来たときとほとんど変わっていませんでしたのでそのときの写真を載せます。
特に、階段の木目が全く同じだったのが感慨深かったです。階段に座っているのははじめて斜陽館に来たときの私です。写真左上の絵と右下の木のつい立ては片付けられていました。

畏れ多くも、太宰の「津軽」の口絵にあった地図を真似て、今回の旅程を書いてみました。
名称未設定 1.jpg
金木町が五所川原市になっていたり、外ヶ浜が市になっていたりしていたのはびっくりでした。
蟹田は通っただけですが、祖母は昔、良く蟹田の海の話をしていたことを思い出します。
そのせいか、「渚にまつわるエ○セトラ」のサビの部分は、ずっと
♪蟹田へ行こう~
と聞こえてました。
さすが陽水、と思っていたら、本当の歌詞は「カニ食べ行こう」でした。

叔母の家はもう冬支度がされたころだろうか、私が行った10月はじめは、紅葉してました。
IMG_7900.JPG

IMG_7878.JPG
太陽の弱い光と、秋になってしまって半分ドライフラワーのようにひっそりと佇むあじさい。つばきやマユミの実、シュウメイギク、斑入りのバラなどが、年月を経た蔵の壁に馴染んで、小さく柔らかく色づいていました。

IMG_7863_1.JPG
廊下にあったドライフラワーのあじさい。外で花をつけているあじさいと、とても境目があいまいな存在に思えました。


あけぼのの車窓の風景を並べて、今回のつがる通信とします。

IMG_1251.JPGIMG_1246.JPG
私が乗ったのはB個室寝台の上段で、海とは反対側でした。

IMG_1174.JPG
明け方、目を覚ましたとき、5秒くらいのシャッタースピードで撮ってみたもの。
夜中、たまにどこかの駅に停車しているのもまた風情がありました。

IMG_1245.JPG
上段はパノラマの窓で、眺めがいいです!
明け方から9時すぎの到着まではずっと景色を楽しめます。

IMG_1195.JPGIMG_1231.JPGIMG_1230.JPGIMG_1233.JPG
2008秋のつがる通信 完

bana-IMG_7826-2しおり.jpg
nice!(44)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感