So-net無料ブログ作成
検索選択

日向ぼっこ(象・鹿・狐) [随想]

井の頭自然文化園の続きです。
IMG_4533.JPG
象のはな子。68歳?
しばらくぶりでした。ちょっとお年を召したようにも感じましたが元気でマイペースに見えました。

IMG_4518.JPG
まどろむ狐。

IMG_4515.JPG
同じくまどろむヤクシカ。広いスペースなのに、一箇所に集まって列になってました。

寒い季節なので、日向ぼっこが幸せです。
年末年始は、日ごろからやりたいことがけっこうできた充実感がありました。
動物園、行きたかった沖縄料理屋、年末の買出し、正月は実家、餅作りなど料理全般、美容院、新年の買出し等々。

月曜日に仕事はじめで、もう金曜日。あ、書いているうちに土曜日になってしまった。

最後に一枚、今年は未年ということで、スタンプラリーで集めたヒツジ牧場です。
IMG_4693.JPG
今年もよろしくお願いいたします。


芋のある生活 2 (ただ焼くだけの芋) [料理]

休みの日になったりすると、さて、おおきめのさつまいもでもさばくかな~と
まとめて料理します。

IMG_1209.JPG
こんな形のさつまいもがありました。品種は「太白」でした。

真ん中がまるで口のように裂けています。

顔が書きたくなりました。イメージは「暴君ハ○ネロ」だったのですが、
IMG_1209-2.jpg
こんなふうになってしまった。何か違う。
本物の「ハ○ネロ」を見てみたら、全然違った・・・。

わざわざ書くためにハ○ネロの壁紙をダウンロードしてみたけど、
書きなおしてみたらちょっと怖い顔なのでどうしようかと思いましたが、
がんばって書いたので小さく載せてみます。
IMG_1209-3.jpg

そういえば、このブログを書き始めたときに
玉ねぎに「チビのミイ」を書いてみたことがあったことを今、思い出しました。
2006/01/17「チビのミイ」
10年近く前なのに、思考回路が変わっていない自分に苦笑^^;

さて、この太白君は今回は「ただ焼くだけの芋」にします。
7ミリくらいの厚さに切って水にさらして、
IMG_1213.JPG
油をひいたフライパンで焼きます。

IMG_1215.JPG
焼けたら裏返して、焼けたのから皿に盛り、あいたところに新しい芋を並べる、の繰り返し。

できあがり。
IMG_1216.JPG
このままでも食べられるので、私は味付けをしておかないで、食べるときに塩をふったり醤油をさしたりすることがあります。
たくさん作ってジップロックに入れて冷凍しておきます。
そうすると、ひとかけとかふたかけとかお皿に出して加熱すれば食べられます。

IMG_1237.JPG
お弁当の隙間を埋めるのにも重宝です。

わざわざ料理とかいうほどのものでもないものを細かく書きましたが、
ちょっとした芋料理よりも「ただ焼くだけの芋」の方が美味しいと娘が言うので、
積極的に作っています。
ちょっとご褒美でマヨネーズをかけてあげると「ありがとう!!」と大喜び・・・^^;
良い子だーというかそれで良いのかーというか。